マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次の業務で行うことの前処理と解される給与支払報告書や退職所得の特別徴収票、扶養控除等申告書などでマイナンバーを取得することは、源泉徴収票作成事…

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

個人情報保護委員会というのは、どのような委員会でしょうか?

マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要はありますか?

事業者がマイナンバーに関して構築すべき安全管理措置のレベルは、取り扱う個人情報数によって差異がありますか?

Q.医療法人のM&Aの方法として、主にいかなるものがあるのでしょうか?

A.医療法人のM&Aの方法として、主に、次のものが挙げられます。・合併・医療法人の出資の譲渡及び役員変更・事業譲渡(営業譲渡)・民事再生による事業譲渡(営業譲渡)1.M&Aの利点 企業再生の手段として、M&Aが利…

懲戒解雇をされて従業員から退職金の支払いの請求が来ました。その根拠として、「就業規則に、懲戒解雇による退職支給不要などの項目はない」ということを挙げたのですが、もともと懲戒解雇をされたら、退職金の支払いは必要なくなるのではないでしょうか。詳しく教えて下さい。

マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

取扱規程等は、具体的にはどのように策定すればいいですか?

賞与を支払う時はすでに退職した従業員から、賞与が未払いとなっていたものとして請求をされました。就業規則には「計算期間の2/3以上の出勤日がある人には賞与を支給する」と定められています。

従業員のミスによる解雇は、解雇の分類の中でどちらに含めばいいのでしょうか。

解雇は、一方的な使用者の意志表示によって労働契約が解除されることをいいます。客観的で妥当な事由の発生が無い限り、解雇権はなるべく用いないということが基本で、下記の3つの種類があります。1.普通解雇:就業規則による事由に当たる事実が発生し…

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与…

東京23区内で経営していた親の代から続く印刷工場をこの度…

基本方針は、具体的にはどのように策定すればいいでしょうか…

私は妻と共に工場を営んでいたのですが、この度地域の再開発…

ピックアップ記事

注目記事

Q.会社を設立し、従業員を雇用しましたが、その従業員と労…

A.1.労働条件の明示従業員を雇用するに当たっては、労働条件の明示を行い、合意してから労働契約を締結することが重要であるといえます。「聞いていた条件と異なる」、「そのような条件は聞いていない」…

ピックアップ記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

  1. マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?
  2. 従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?
  3. 個人情報保護委員会というのは、どのような委員会でしょうか?
  4. マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要はありますか?
  5. 事業者がマイナンバーに関して構築すべき安全管理措置のレベルは、取り扱う個人情報数によって差異がありますか?
PAGE TOP