マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次の業務で行うことの前処理と解される給与支払報告書や退職所得の特別徴収票、扶養控除等申告書などでマイナンバーを取得することは、源泉徴収票作成事…

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

個人情報保護委員会というのは、どのような委員会でしょうか?

マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要はありますか?

事業者がマイナンバーに関して構築すべき安全管理措置のレベルは、取り扱う個人情報数によって差異がありますか?

懲戒解雇をされて従業員から退職金の支払いの請求が来ました。その根拠として、「就業規則に、懲戒解雇による退職支給不要などの項目はない」ということを挙げたのですが、もともと懲戒解雇をされたら、退職金の支払いは必要なくなるのではないでしょうか。詳しく教えて下さい。

退職金の支払いは必ずしも必要とされるものではありません。これに制限を与えるのが他ならぬ職業規則で、就業規則などで支給条件が明らかになっている時は、退職金の支払いの義務が生じます。同様に、退職金の不支給とする条件も決めておく必要があります。…

賞与を支払う時はすでに退職した従業員から、賞与が未払いとなっていたものとして請求をされました。就業規則には「計算期間の2/3以上の出勤日がある人には賞与を支給する」と定められています。

食堂の従業員の中で、パートタイマーとして雇っている社員の契約更新の時期が近づき、次の更新をしないという予告を1週間前に伝えましたが、これはもしかして、解雇になるのでしょうか。

マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

取扱規程等は、具体的にはどのように策定すればいいですか?

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務者は従業員の給与を支払っている法人ですので、給与の支払方法により個人番号関係事務実施者が異なるということになります。したがって、出向先が…

スタッフの給与の計算について教えてください

東京23区内で経営していた親の代から続く印刷工場をこの度…

マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要…

従業員のミスによる解雇は、解雇の分類の中でどちらに含めば…

ピックアップ記事

注目記事

Q医療法人が従業員のレクリエーションのために慰安旅行の費…

A.一定の要件を満たせば、慰安旅行の費用は福利厚生費となり、参加者に関して給与課税(源泉徴収)をしなくてもいいとされています。あまりに豪華であったり、法人負担が多額であったりすると、福利厚生費として認…

ピックアップ記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ記事

  1. マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?
  2. 従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?
  3. 個人情報保護委員会というのは、どのような委員会でしょうか?
  4. マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要はありますか?
  5. 事業者がマイナンバーに関して構築すべき安全管理措置のレベルは、取り扱う個人情報数によって差異がありますか?
PAGE TOP