マイナンバー管理と責任

特定個人情報保護委員会というのは、どのような委員会でしょうか?

559035ced1d430d9bc2a6a26f68981fe_s

国家行政組織法第3条に規定されている三条委員会には、公正中立性や独立性が要求され、国家公安委員会や公正取引委員会なども三条委員会です。特定個人情報保護委員会は三条委員会の一つで、その業務は指導や助言、勧告、命令、立入検査などとされました。
○指導及び助言
○勧告→勧告に従わない場合、命令→命令違反があった場合、2年以下の懲役又は50万円以下の罰金
○命令→命令違反があった場合、2年以下の懲役又は50万円以下の罰金
○必要な報告又は資料の提出を求める→虚偽の報告又は虚偽の資料提出があった場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
○立入検査→検査忌避があった場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 マイナンバー法の逐条解説の「第50条(指導及び助言)」では、同じ執務室内で同じ管理権者の下で保管されている給与関係ファイル(マイナンバーが含まれる)と人事関係ファイル(マイナンバーが含まれない)が存在する場合、後者も確認の上で指導や助言を行う旨が記されています。漏えいを防ぐため、業務フローに沿った管理が要求されています。

第50条(指導及び助言)
委員会は、この法律の施行に必要な限度において、個人番号利用事務等実施者に対し、特定個人情報の取扱いに関し、必要な指導及び助言をすることができる。この場合において、特定個人情報の適正な取扱いを確保するために必要があると認めるときは、当該特定個人情報と共に管理されている特定個人情報以外の個人情報の取扱いに関し、併せて指導及び助言をすることができる。

マイナンバーを利用する者には、例えば事業者でいえば、大企業から零細企業に至るまで幅広い形態の者が含まれることとなり、その中には、特定個人情報の取扱いについての知識を有せず、指導・助言を必要としている者がいると思われる。委員会は、そのような者などに対する助言・指導を行うことにより、特定個人情報の適切な取り扱いを実現することが求められており、本条はそれを規定するものである。

1.対象
○個人番号利用事務実施者
○個人番号関係事務実施者

2.指導・助言
例えば、どのような安全確保措置を講じるべきかにつき、扱う特定個人情報の性質、利用形態等を踏まえ、物理的保護措置(保管庫の施錠・立入制限等)、組織的保護措置(職員に対する教育・研修の実施等)、技術的保護措置(アクセス制限等)などの観点より、指導・助言することが想定される。
対象者からの要請に応じて指導・助言を行う場合と、特定個人情報保護委員会がその必要性を感知したことで自ら行う場合が考えられる。また、自己のマイナンバーが不当に取り扱われている旨の苦情を受けた場合、これを契機として指導・助言を行うことも想定される。

3.特定個人情報以外の個人情報に対する指導・助言
特定個人情報への指導・助言と併せて「特定個人情報と共に管理されている特定個人情報以外の個人情報」に対する指導・助言も行うことができる。具体的には、ある事業者に対する立入検査を実施する過程で、当該検査の直接の対象ではない部署において、同一の執務室内で同一の管理権者の下で保管されている給与関係ファイル(源泉徴収事務に用いるためマイナンバーが含まれる)と人事関係ファイル(職歴、人事評価等が記録されておりマイナンバーは含まれない)のうち、人事関係ファイル(特定個人情報ではない)がずさんな管理の下に置かれていることが発覚したケースなどである。このケースにおいて、人事関係ファイル(特定個人情報ではない)に対する指導・助言を行うことは、共に管理されている給与関係ファイル(特定個人情報である)の漏えいを防ぐ効果を有し、特定個人情報の適正な取扱いの確保に役立つ。

平成26年7月17日 内閣官房「マイナンバー法逐条解説」を基に作成

 そして、平成27年8月28日、9月3日に、個人情報保護法及びマイナンバー法の改正案が、参議院と衆議院において可決されました。この改正により、内閣府の外局として個人情報保護委員会が新設され(マイナンバー法の特定個人情報保護委員会が改組され)、現行の主務大臣の権限を集約するほか、立入検査の権限等が追加される(報告徴収及び立入検査の権限は事務所管大臣等に委任可)こととなりました。
 マイナンバー法の特定個人情報保護委員会に関する第6章(第36条~第57条)が個人情報保護法に移行することとなり、また、特定個人情報保護委員会は改組され、個人情報保護委員会という名称になりました。

関連記事

  1. 442fd075604f33659cb9c891fb8ddf1c_s 安全管理措置というのは、どのような内容で、どのように対応すればい…
  2. 幣公益法人は小規模ですので、セキュリティ対策に多額の費用を出すこ…
  3. a1219d0d88d654aa1c78a5f0ab55d83b_s マイナンバーに関する安全管理措置の責任者を役員とする必要はありま…
  4. f13874fcdc5c878d357bd4f39fd12b53_s 個人番号関係事務の委託を行う場合、委託者は委託先の監督を行う必要…
  5. マイナンバー制度に対応するため、就業規則をどのように改訂すればい…
  6. 304b56fec62da8141f6716178fba211f_s マイナンバー法は個人情報保護法と比べて罰則が強化されているという…
  7. 従業員のマイナンバーを取得するために最低限必要である作業は、どの…
  8. 973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s 入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払…
2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

2da4f468670b09ca0ee90232fdcf1ee3_s マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次…

d5596fde3e60c641fa9a681bef1c777a_s 従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務…

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s 入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーを、それぞれどのように取り扱えばいいでしょうか?

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーに…

e1fc3cbbb1f45b857ecaa14187ba36cb_m Q.年末調整の対象とされる給与について教えてください。

A.年末調整は、その年の最後に給与を払うときまでに「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している一定…

PAGE TOP