労働基準について

従業員の過失が見つかって、しばらく対象従業員に自宅待機を命じました。自宅待機の期間は無給にしようと思いますが、この場合の無給の処分は適切なのでしょうか。

懲戒解雇の事由に当てはまる重大な違反が見つかった時は、その調査・職場秩序維持を目的として対象の従業員に対して一定の期間に自宅待機をさせるケースがあります。この場合、トラブルになりやすいのは、自宅待機の期間中の給料の支払いの有無です。
従業員の過失に対する罰として行われる自宅待機の場合、給料の支払いはしなくても構いません。これを懲戒処分としての出勤停止と言い、一定の期間の出勤をさせないことで「自宅謹慎」とも言います。出勤が停止され業務に従事していないことから、従事に対して支払う給与も支給しなくていいものになります。これは就業規則の懲戒の定めに従って行えます。
一方、従業員の過失を調査するための自宅待機の場合、休業手当の支払いが必要となります。まだ処分が決まったわけではないことから、懲戒処分の「二重処分の禁止」にかかってしまいます。一つの事案に対して二回の処分を下すことは不可能であることが原則になっています。
しかし、不正行為の証拠隠蔽や再発の恐れ等の妥当で緊急な事由があれば、無給にすることもできます。就業規則などに「懲戒解雇の事由に当たる違反行為が発生した時の自宅待機期間内の給与は、支払わないことを原則とする」と、詳しく定めておくことが必要です。

関連記事

  1. office02 従業員が飲酒運転の事故を起こしました。就業規則の懲戒解雇事由にも…
  2. 従業員が休日に怪我をして、休職をしました。従業員は休職の期間が終…
  3. 33e39874cb194e543ff4794f821f8925_s 従業員に、退職勧誘の形で解雇をしましたが、その従業員は後で失業手…
  4. 17bd71a980f61e0288bf07adf1ff2c2f_s 就業規則に基づいて解雇をしようと思いましたが、従業員に周知してお…
  5. 休日に負傷して休職をすることになった従業員に対し、通常給与を支払…
  6. 伝染性の病気にかかった従業員に1週間の自宅待機をさせ、自宅待機中…
  7. 従業員が休職期間期限をぎりぎり超えない期間で復職し、また休職の届…
  8. 従業員に対して業務上必要な資格の取得費用を会社から負担しましたが…
2019年2月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

おすすめ記事

2da4f468670b09ca0ee90232fdcf1ee3_s マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次…

d5596fde3e60c641fa9a681bef1c777a_s 従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務…

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s 入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーを、それぞれどのように取り扱えばいいでしょうか?

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーに…

e1fc3cbbb1f45b857ecaa14187ba36cb_m Q.年末調整の対象とされる給与について教えてください。

A.年末調整は、その年の最後に給与を払うときまでに「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している一定…

PAGE TOP