労働基準について

職場の増築の為に会社を2週間ほど休業することにしました。月給者に対しては給与をそのまま支払って、日給者のパートタイマーには給与を支払わないことにしたいと思うのですが、問題はないのでしょうか。

休業は、従業員の能力や医師とは関係なく、使用者の都合で就労ができなくなったことをいいます。これに関して労働基準法第26条では、使用者の都合から基因する休業に対し、平均給与の6割以上の手当を支払うことを規定しています。この規定の適用対象は、月給者の正社員だけでなく、パートタイマーも含まれます。
パートタイマーの労働者も、前もって各労働日の労働時間を決めることになっています。前もって決めていた就労日の日程が崩れてしまうと、生活の安定が保てなくなることを受け、補償の必要性が発生するのです。

平均給与は、算定事由発生日の前の3カ月(給与締切日があったら、直前の給与締切日から3カ月)に対象従業員への給与の総額を、その期間の日数で分けて算出されます。
パートタイマーなどの場合は労働日数が少数であるため、最低保証額を用いて、平均給与額と最低保証額のどちらかの高い方を支払います。
最低保証額は、下記の計算式で算出されます。

(算定期間内の給与の総額)/(算定期間内に実際に就労した日数)X0.6

関連記事

  1. cc0e8c62f097064ab5cc905f8f9c718a_s 従業員を能力不足の理由で解雇しようと思います。この場合のポイント…
  2. 従業員がプライバシーで負傷され、休職をすることになりました。休職…
  3. business05 懲戒解雇をされて従業員から退職金の支払いの請求が来ました。その根…
  4. 従業員が退職届を出しました。一応従業員に対する就業規則には秘密保…
  5. けがによる休職後、復職をする従業員から診断書が提出されていません…
  6. 従業員の過失が見つかって、しばらく対象従業員に自宅待機を命じまし…
  7. kousai04 食堂の従業員の中で、パートタイマーとして雇っている社員の契約更新…
  8. 従業員から退職願を提出されましたが、受理する前に退職願の撤回をし…
2019年2月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

おすすめ記事

2da4f468670b09ca0ee90232fdcf1ee3_s マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次…

d5596fde3e60c641fa9a681bef1c777a_s 従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務…

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s 入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーを、それぞれどのように取り扱えばいいでしょうか?

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーに…

e1fc3cbbb1f45b857ecaa14187ba36cb_m Q.年末調整の対象とされる給与について教えてください。

A.年末調整は、その年の最後に給与を払うときまでに「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している一定…

PAGE TOP