労働基準について

懲戒解雇を行う時の注意点には、どのようなものがあるのでしょうか。

解雇は、従業員の生活に大きな影響を与えることから、慎重に行われるように労働契約法などから様々な規定が設けられています。その中でも懲戒解雇は、従業員に対して不利益が大きいので、解雇の有効性の判断は厳しく行われます。
懲戒解雇は、就業規則の懲戒解雇事由に当たらない限り、不可能な形の解雇になっています。このため、就業規則を前もって定めておくことが懲戒解雇の最大のポイントであると言えるでしょう。
就業規則を作成し、届出をだす必要がある会社は、常に使用する従業員の数が10人以上になる事業所なので、従業員の数が10人を超えない会社にはその義務はありませんが、社内のルールを明らかにし、懲戒解雇のようなやむを得ない事情に備えるためにも、就業規則は作成しておいた方が望ましいです。
解雇の合理性に対して認めてもらうためには、解雇に至るまで解雇の回避のためにどのような努力を私的なのか、解雇に当てはまる事実などを証明が必要です。例えば、従業員に口頭で注意をしていたとしたら、その注意をした事実の記録をした方が望ましいです。

懲戒解雇の場合、30日前に解雇の予告をするか、30日分以上の平均賃金を支給するという解雇予告制度の適用がされるのが原則です。
この制度の適用を避けるためには、労働基準監督署に解雇予告除外認定を申請し、認定を受ける必要があります。これによって、解雇予告手当の支給もなしに、即日解雇することができます。

関連記事

  1. 従業員が退職をする時、業務用として使用していた制服を返却しません…
  2. 従業員に、退職勧誘の形で解雇をしましたが、その従業員は後で失業手…
  3. 最近入社した従業員が、すぐ休職をしてしまいました。うちの会社の休…
  4. アルバイトとして雇っている従業員がいきなり出勤しなくなり、その状…
  5. 従業員に費やされる研修の費用を、入社の研修を受けてすぐ退職する従…
  6. けがによる休職後、復職をする従業員から診断書が提出されていません…
  7. 従業員から退職願を提出されましたが、受理する前に退職願の撤回をし…
  8. 不祥事を起こして自宅待機中となっている従業員から、たぶん退職金狙…
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次…

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務…

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーを、それぞれどのように取り扱えばいいでしょうか?

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーに…

Q.年末調整の対象とされる給与について教えてください。

A.年末調整は、その年の最後に給与を払うときまでに「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している一定…

PAGE TOP