労働基準法と相続

高収益部門を分社化することに対してのメリットは存在しているのでしょうか?

<解答>
 会社の事業のうちに、高収益部門を分社化することによって、以下のような効果が期待できると考えられます。
(1) 高収益部門を会社分割によって子会社化する場合
 新設子会社の株価については、上昇することになるようですが、親会社であるA社の株価については低く評価することが可能となるでしょう。
(2) 高収益部門を後継者の会社に事業譲渡する場合
 後継者の会社の株価については、上昇することになるようですが、オーナーが所有している会社の株価は低く評価することができると考えられます。

<解説>
(1) 高収益部門を会社分割によって子会社化する場合
 100パーセント子会社を新設を行うと共に、高収益部門であります製造販売部門を、その子会社に移転することになるでしょう。この会社分割によりまして、現在のA社は、本業を行っている新設子会社の持株会社となります。
 この結果、新設子会社の株価は上昇することになりますが、親会社であるA社の株価については低く評価することが可能となるでしょう。

(2) 高収益部門を後継者の会社に対して事業譲渡を行う場合
 後継者が新設会社を設立することになり、そこに、高収益部門である製造・販売部門を事業譲渡することになるでしょう。この事業譲渡によって、現在のA社と本業を行っている事業会社とは、資本関係が分断されることになってしまいます。
 この結果、事業譲渡後については、後継者の会社の株価については上昇することになるようですが、オーナーが所有している会社の株価は低く評価することが可能となります。

関連記事

  1. 相続税についての申告をするにあたりまして、現金で一度に納付するこ…
  2. いかなる手続きが、相続時清算課税選択の特例の適用を受けるために必…
  3. 贈与税が多額であり、一括納付が難しい場合、何かいい方法はあります…
  4. Q.被相続人の所得について、相続人は申告をする必要があるでしょう…
  5. 税務調査の結果、修正申告書の提出を行うことになった場合における、…
  6. オーナー所有の株式をオーナーのお子さんが設立した資産管理会社に対…
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

マイナンバーの利用目的の特定の事例としての源泉徴収票作成事務に、給与支払報告書や退職所得の特別徴収票も含まれますか?

マイナンバー法で、マイナンバーを用いることができる事務は限定的に規定されていますが、統一的な書式や次…

従業員が他の法人に出向又は転籍によって異動した場合、給与所得の源泉徴収票の提出につき、いずれの法人が個人番号関係事務実施者に当たりますか?

マイナンバーを記した源泉徴収票の提出義務者が個人番号関係事務実施者に当たります。源泉徴収票の提出義務…

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーを、それぞれどのように取り扱えばいいでしょうか?

入社時・源泉徴収票などの作成時・退職時の社員のマイナンバー、支払調書作成時の社員以外のマイナンバーに…

Q.年末調整の対象とされる給与について教えてください。

A.年末調整は、その年の最後に給与を払うときまでに「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している一定…

PAGE TOP